肌に優しい日焼け止めとはどんなもの?

肌に優しい日焼け止めとはどんなもの?

SPFとPAに注意

日焼け止めを選ぶ際に重要な点としてSPFとPAというものがあります。これらは日焼け止めとしての強さを表しているものです。SPFというのは紫外線B波を防ぐ効果の高さを示しています。紫外線B波というのはシミや日焼けの原因となってしまいます。この数値が高いほどしっかりと紫外線をカットすることができるのです。また、PAはたるみやシワの原因となってしまう紫外線A波を防ぐための効果の高さを示しています。こちらも数値が高いならば、紫外線ケアの効果が高くなるのです。

ただし、この2つの値というのは高ければ良いというわけではありません。肌への負担が大きくなってしまうからです。特に敏感肌の方は気をつけなければいけないでしょう。強い日焼け止めを使い続けてしまうと、肌がどんどん荒れてしまうからです。そのため、肌への刺激が気になるという方は、SPFは30位内のものを利用しましょう。また、PA+++以内のものを利用するようにしてください。通勤や通学などの場合はこれらでも十分に紫外線を防ぐための効果を発揮してくれます。

また、紫外線は帽子や日傘などによってもある程度防ぐことができます。これらを用いて対策することも、肌には効果的でしょう。日焼け止めは強ければ良いわけではないのです。

肌に優しい日焼け止め 肌に優しいもの SPFとPAに注意 リンク集 サイトマップ